小型移動体のSLAM検証を行う環境を整える6自由度マニピュレータ

小型移動体のSLAM検証を行う環境を整える6自由度マニピュレータ

投稿者: 
Arthur

SLAMアルゴリズムを検証する際、実世界で行うのが望ましいが、なんども環境を作り直して実験するのは非常に煩雑である。 また、前の環境に戻戻すことが難しいなどの問題がある。

このようなことから、環境情報を読み込ませると、6自由度マニピュレータがその通りに動くコンポーネントの作成を行った。

OROCHIresize1.jpg
GUIinterface.jpg

問合先(メールアドレス): 
arthur.murakami@aist.go.jp
Resources
Project Information
OS: 
N/A
言語: 
Python
OpenRTM ver.: 
1.1
embedded video: 
Embedded thumbnail for 小型移動体のSLAM検証を行う環境を整える6自由度マニピュレータ
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
火, 2013-12-17 01:48

コメント

投稿者: 

詳細はどこを見ればいいのでしょう?

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1761
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム