OpenRTM-aist-Python 1.2.1-RELEASE

cpp_logo.png


インストール手順については以下のページを参照してください。

パッケージ

Windowsインストーラー

msiファイルは900MB以上のサイズがあります。ダウンロードを数分で行うためにはある程度高速な回線(50Mbps以上)を用いてください。

64bit用

Windows用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell(4.2.2)を含む)
(Visual Studio 2010、2012、
2013、2015、2017、2019 共通)
OpenRTM-aist-1.2.1-RELEASE_x86_64.msi
MD5:be6b346d61768435d812cc032bc7a529
2019/11/25
Python-2.7 python-2.7.16.amd64.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8-amd64.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.5-amd64.exe python.org
CMake cmake-3.15.5-win64-x64.msi cmake
Doxygen doxygen-1.8.16-setup.exe doxygen
  • ※Pythonは、"3.7"、"3.6"、"2.7"のいずれかのバージョンをインストールしてください。

32bit用

Windows用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell(4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2010、2012、
2013、2015、2017、2019 共通)
OpenRTM-aist-1.2.1-RELEASE_x86.msi
MD5:a9186d409cafc039432a0e1c6e7e02ef
2019/11/25
Python-2.7 python-2.7.16.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.5.exe python.org
CMake cmake-3.15.5-win32-x86.msi cmake
Doxygen doxygen-1.8.16-setup.exe doxygen
  • ※Pythonは、"3.7"、"3.6"、"2.7"のいずれかのバージョンをインストールしてください。

インストールについては、OpenRTM-aistを10分で始めよう!のページで手順を紹介しています。


Linuxパッケージ

現在のところ、以下のディストリビューション・バージョンでパッケージを提供しています。
以下で配布しているインストールスクリプトを利用すれば、必要なパッケージを一括でインストールできます。

ディストリビューション・バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 16.04 (xenial) i386/amd64
Ubuntu 18.04 (bionic) amd64
pkg_install_ubuntu.sh

オプションを指定することで、目的に合わせたパッケージをインストールできるようになりました。インストール方法やオプション、パッケージの種類につきましては、一括インストール・スクリプトをご確認ください。

1.2.0-RELEASEを既にインストールしている場合はアップデートが可能です。

Ubuntu/Debianの場合

 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get upgrade

ダウンロード方法・インストール方法については、OpenRTM-aist(Python版)1.2系のインストールをご覧くだい。

ソースコード

Python版ソースコード OpenRTM-aist-Python-1.2.1.tar.gz
MD5:88c83d2b3dfc70b8eb0b3377be3d51f9
2019/11/25
Python版ソースコード(Win32) OpenRTM-aist-Python-1.2.1.zip
MD5:84ad916e98e2eeb7b65450c57e15a0d1
2019/11/25

ソースからのビルド

ソースからビルドする方法については、ソースからのビルド(Windows編)またはソースからのビルド(Linux編)をご覧くだい。

deb/rpmパッケージ作成

1.1から上記のソースコードからのUbuntu、Debian用debパッケージ、Fedora用rpmパッケージの作成が正式にサポートされました。
以下の手順でパッケージを作成できます。パッケージ作成に当たっては、一括インストールスクリプト(pkg_install_***.sh)を利用して必要なパッケージをあらかじめインストールしておいてください。

 $ tar xvzf OpenRTM-aist-Python-1.2.1.tar.gz
 $ cd OpenRTM-aist-Python-1.2.1/packages
 $ make

パッケージはpacakgesディレクトリ内に作成されます。

※UbuntuやDebianにてdebパッケージを作成する場合は"dpkg-dev build-essential debhelper devscripts"、Fedoraにてrpmパッケージを作成する場合は"rpm-build createrepo"といったツールをあらかじめインストールしておく必要があります。 これらは、一括インストール・スクリプトを-cオプションで実行すればインストールされます。


リリースノート: 1.2.1-RELEASE

OpenRTM-aist Official Websiteからソースコード、Windowsインストーラー、Linux用パッケージなどがLGPLライセンスもしくは産総研との個別契約のうち一つから選択するデュアルライセンス方式で利用可能です。

不具合修正

    • トピック接続機能が動作していなかったため修正
    • corba.argsに設定したオプションが正しく設定されない問題の修正
    • サービスポート接続時にコネクタのコールバック関数が呼ばれない問題の修正
    • コンポーネントオブザーバーのタイマースレッドをonFinalizeで終了する処理に変更
    • エラー遷移時にonExecuteとonStateUpdateを呼ばないようにする
    • Linux、Python3でビルドを実行するとエラーになる問題の修正
    • ConfigSample.pyがPython3で正常に動作しないバグの修正
    • ManagerActionListenerの基底クラス追加、引数ありListenerの修正
    • rtc.confのパスの修正
    • CameraCommonInterface、ManipulatorCommonInterfaceに関連するファイルが正常にインストールされない
    • RTCが状態遷移しない問題の修正
    • 雑多なバグフィックス

ポータビリティに関する変更

    • VC2019(32bit/64bit)の正式サポート

対応(ビルド検証済)OS

      • Ubuntu 16.04 i386、amd64
      • Ubuntu 18.04 amd64
      • Windows 7 (32/64bit)
      • Windows 8.1 (32/64bit)
      • Windows 10 (32/64bit)

Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK