RTM contest 2016

RTM contest 2016

投稿者: 
yuki.takamido

概要

  • NAOを用いて自撮りロボット
    nao.jpg

特徴

  • NAOが撮影者を探して自撮り棒を用いて撮影してくれる。

仕様

  • 言語: C++, Python
  • OS: Windows

コンポーネント群

新規作成

  • Self Camera Manager:各コンポーネントへ指示を送る
  • Camera Switch:使用するカメラを限定する
投稿者: 
下山未来
教室内の注目度計測RTコンポーネント

概要

授業中に集中せず読書やスマホ,寝ている学生は少なくありません. 授業に集中してもらうため,また,先生の学生を注意する手間を省くために注目度を測定するRTCを開発しました. 教室内をカメラで見回し,最初に検出した顔と指定時間後に検出した顔の数から注目度を計算します. 注目度が低い場合は警告としてアラームを鳴らすことができるため,学生の注目度を上げることが可能です. 注目度は静止画像に載せて保存されるので後から様子を視覚的に確認することができます.

投稿者: 
niimi

概要

  • StarTno(スター・ティーノ)は,RTミドルウェア(RTM)の入門者を対象としたRTコンポーネント(RTC)群とその説明書で構成されています.
  • Studuino(スタディーノ:Arduino互換ボード)とRTno(アールティーノ)を使用します.


StarTno_2016zu.jpg
投稿者: 
池田 貴政
アンケートの入力時間の違いを利用した重みづけ評価RTC

多くの人々がアンケートに答えたとしてもそれらの結果のうち,どれほどが信頼できる結果なのかわからない.特に紙媒体のアンケートは,1問1問にどれほどの時間をかけて真剣に回答しているかなどを把握することができない.それに対し,タブレットでアンケートを行った場合は,設問を回答する際にタブレットの画面をタッチするのでそのタッチ間隔の時間を計測することができる.そこで,今回は紙媒体の代わりにタブレットでアンケートを行うことにより,設問ごとの回答時間を把握し,回答時間の違いを用いて重みづけ評価を行うutteranceServer RTCとアンケート結果・回答時間・重みづけ評価の結果をRSNPでサーバーに送信するためのクライアントとしてConciergeRSNP5 RTCの2つを開発した.これらのRTCを用いることで従来の紙媒体のアンケートでは発見することのできなかった様々な情報をタブレットのアンケートで取得可能となり,情報をサーバーで一括管理することが可能となる.

投稿者: 
yukinori

概要

OpenRTM上でMongoDBにアクセスするためのコンポーネント

センサーやロボットから出力されたデータをMongoDBに格納します

Kobuki,NAVIO+,Kinect用に作成

任意のコンポーネント用に作成するためのドキュメントも用意

RTC(スライド同梱)

ZIPファイル

必要なライブラリ

  • PyMongo
    • Version:3.3
    • License:Apache License,Version 2.0

開発環境

  • OS:Windows 10 Home
  • 言語:Python2.7
  • OpenRTM-aist-1.1.0
投稿者: 
Matsuda_R

概要

  • 6自由度の短下肢リハビリデバイスを制御するために,6チャンネルのアナログ入力と12チャンネルのアナログ出力が必要である.Raspberry Pi1台をマスタ,Arduino Due6台をスレーブとしてシリアル通信を行うことで,この問題を解決するRTCを作成した.

特徴

  • 複数台のArduino Dueに対応
  • Raspberry PiとArduino Due間の通信にUSBシリアル通信を採用

仕様

  • 言語: Python
  • os:Raspbian Jessie

コンポーネント群

  • SirialIn:Arduino Dueのアナログ入力の値をLong型データとして出力
  • SerialOut:Long型データをArduino Dueに入力しアナログ出力する

ソースコード

    投稿者: 
    shin_2D7

    概要

    初心者のRTミドルウェアを使用したメディアアート制作を支援するために、具体的な制作事例を公開したウェブサイトを作成しました。

    コミュニティ活動

    現在はこちらでコミュニティ活動を行なっています。
    http://media-rt.weebly.com/

    作品概要

    • Magicalight
    • 以下の機能を持ったLEDキャンドルを制作しました。
      • 自然の火のように揺らぐ
      • 息を吹くと点灯/消灯する
      • 複数のMagicalightと連動する

    投稿者: 
    sako

    概要

    <SoundDirection2RTC>
    • Microsoft社から発売されている新型のKinect for Windows v2(以下Kinect v2)を用いて音源方向推定を行うRTCです。
    <FurimukiRTC>
    • 取得した音源方向に振りむく際に必要な処理を行うRTCです。
    <SoundDirectionRTC>
    • 上記2つのRTCを組み合わせたRTCです。

    特徴

    <SoundDirection2RTC>
    • 音源方向(角度)をTimedDouble型で出力します。
    • Configurationを変更することで、出力する音源方向の単位を[rad]または[deg]に変更できます。
    <FurimukiRTC>
    • TimedDouble型の音源方向(角度)を入力し、実際に動かす角度を出力します。

    開発環境

      投稿者: 
      masaki
      教育用ロボットアームコンポーネントの開発

      概要

      教育用ロボットアームであるCRANE+を動力学シミュレータChoreonoid上で動作する環境を構築しました。 RTコンポーネントを使って簡単に動かすことができるのでロボットアーム教育に活用できます。

      特徴

      • パソコン1台あればアーム制御を体験できます。
      • アーム制御RTCはOpenRTM-aist ロボットアーム共通インターフェース1.1に対応しているため,他システムへの応用もできます。
      • シェルスクリプトを使用しているので,スムーズにシミュレーション開始まで行うことができます。
      投稿者: 
      Myuji
      移動ロボット開発支援のためのRTコンポーネント群

      概要

      • 早稲田大学尾形研究室で開発された移動ロボット用プラットフォームであるMobileRobotNavigationFrameworkを実機とシミュレーションの両方で利用できる環境を構築する.

      特徴

      • Choreonoid上で移動ロボットのモデルを用いた環境地図生成
      • MobileRobotNavigationFrameworkをlinux環境で動かすためのマニュアルの作成
      • LinuxでのMobileRobotNavigationFramework利用までのShellスクリプトの作成

      仕様

      • 言語:C++
      • OS:Ubuntu 14.04
      • OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE

      コンポーネント群

        ページ

        ダウンロード

        最新バージョン

        初めての方へ

        Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

        C++,Python,Java,
        Toolsを含む
        1.2.0-RELEASE

        RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

        統計

        Webサイト統計
        ユーザ数:1765
        プロジェクト統計
        RTコンポーネント292
        RTミドルウエア23
        ツール20
        文書・仕様書1

        旧Webサイト

        OpenRTM.org旧Webサイト

        OpenHRP3

        動力学シミュレータ

        Choreonoid

        モーションエディタ/シミュレータ

        OpenHRI

        対話制御コンポーネント群

        OpenRTP

        統合開発プラットフォーム

        産総研RTC集

        産総研が提供するRTC集

        TORK

        東京オープンソースロボティクス協会

        DAQ-Middleware

        ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

        VirCA

        遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム