産総研が取りまとめた基本的RTC群(移動機能)

産総研が取りまとめた基本的RTC群(移動機能)

投稿者: 
srrg
産総研が取りまとめた基本的RTC群(移動機能)

概要

本コンポーネント群はOpenHRP3のシミュレータを用いて、車体速度を入力とする対向二輪型の移動ロボットを経路に沿って走行させる移動機能を統合したモジュール群です。

特徴

  • 自己位置推定、走行系、経路計画・起動追従、オペレータ操作の4機能によって構成
  • 自己位置姿勢推定に天井ナビゲーションまたはLRFによる自己位置推定機能を選択可能
  • ロボットモデルはリファレンスハード二号機を使用
  • 移動の指令にはジョイスティックによるオペレータ操作および経路計画による指定が可能

仕様

  • 言語: C++
  • OS:Linux(Ubuntu 10.04)
  • OpenRTM 1.0
  • omniORB 4.1.2-1
  • GTK+ toolkit 2.20.0
  • OpenCV 2.0以上

ソースコード

ソースはこちらのページからダウンロード可能です。

ドキュメント

README.txt
操作手順書(pdf)
マニュアル(pdf)
接続Screenshot
問合先(メールアドレス): 
open-navigation-rtc@m.aist.go.jp
Resources
Project Information
OS: 
Linux
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.0
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
火, 2014-01-28 16:39

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1802
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク