DFITコンポーネント

DFITコンポーネント

投稿者: 
itoharu
DFITコンポーネント

概要

   DFITコンポーネントは,ロボットの横に装着した2台のカメラから路面
   画像を取得,それぞれの路面がどれだけ動いたかを測定し,その
   結果より相対的なロボットの自己位置を推定するRTコンポーネント
   です。

ライセンス

   ・DFITコンポーネントの著作権は,芝浦工業大学ヒューマン・
    ロボット・インタラクション研究室に帰属します。
    但し,IP7000BDを制御するソースコード及びライブラリの著作権は,
    開発元の”日立情報制御ソリューションズ”にあります。
   ・芝浦工業大学水川研究室が著作権を持つRTコンポーネントは,非営利目的での
    使用及び改変自由ですが,商用利用の場合は別途ご相談下さい。
    なお,本作品を使用して発生した,いかなる損害についても責任を負いません。

連絡先

   芝浦工業大学 水川研究室
    〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5 
    E-MAIL: shibaura.hri.goiken@gmail.com
    URL:   http://www.hri.ee.shibaura-it.ac.jp/ 

Download

Ver RTM OS 言語 モジュール本体 ドキュメント Date
1.0 1.0.0 WindowsXP C++ DFITComponent_RTMaistRelease.zip DFITマニュアル_100release.pdf 2010.05.16


問合先(メールアドレス): 
shibaura.hri.goiken@gmail.com
Resources
Project Information
OS: 
Windows
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.0
embedded video: 
Embedded thumbnail for DFITコンポーネント
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
水, 2015-04-15 08:38

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1837
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク