エラーメッセージ

  • Can not get file info (nid=, src=CameraComponents.zip)
  • Can not get file info (nid=, src=Manuals.zip)

RT-Component

RT-Component

投稿者: 
itoharu
TimedVelocityHubRTC

概要

  このコンポーネントはTimed Velocity データを複数に分岐するコンポー
  ネントです。

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

投稿者: 
itoharu
LRSTimedMeasuredDataHub

概要

  このコンポーネントはLRS Timed Measured Data データを複数に分岐する
  コンポーネントです。

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

投稿者: 
itoharu
TimedOdometryHubRTC

概要

  このコンポーネントはTimed Odometry データを複数に分岐するコンポー
  ネントです。

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

連絡先

  豊橋技術科学大学 情報・知能工学系
    rtc@aisl.cs.tut.ac.jp
    〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
    TEL: 0532-44-6826 URL: http://www.aisl.cs.tut.ac.jp/

投稿者: 
itoharu
MobileRobots社ロボット用制御RTC

概要

  このコンポーネントはMobile Robots 社のロボット用の
  制御コンポーネントです。 

投稿者: 
itoharu
経路計画RTC

概要

  このコンポーネントは静止・移動障害物を回避しながら,指定物体を追う
  経路を計画するコンポーネントです。 

注意事項

  下記ライブラリを使用しています。
   ●OpenCV 1.0.0

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

連絡先

  豊橋技術科学大学 情報・知能工学系
    rtc@aisl.cs.tut.ac.jp
    〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
    TEL: 0532-44-6826 URL: http://www.aisl.cs.tut.ac.jp/

投稿者: 
itoharu
局所地図生成・更新RTC

概要

  このコンポーネントは距離データとロボットの移動量よりロボット周囲の
  障害物存在確率マップを作成するコンポーネントです。

注意事項

  下記ライブラリを使用しています。
   ●OpenCV 1.0.0

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

連絡先

  豊橋技術科学大学 情報・知能工学系
    rtc@aisl.cs.tut.ac.jp
    〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
    TEL: 0532-44-6826 URL: http://www.aisl.cs.tut.ac.jp/

投稿者: 
itoharu
人物検出RTC

概要

  このコンポーネントはステレオカメラ(Bumblebee 2)の情報から人物を
  検出し,それぞれの人物の位置と移動速度を出力するコンポーネントです。

注意事項

  下記ライブラリを使用しています。
   ●OpenCV 1.0.0
   ●FlyCapture (配布元:http://www.ptgrey.com/
   ●Triclops(配布元:http://www.ptgrey.com/))

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

投稿者: 
itoharu
画像転送・表示RTC群

概要

  画像をJPEGに変換して転送したり,JPEG画像やOpenCV画像を表示
  したりするコンポーネント群です。

注意事項

  下記ライブラリを使用しています。
   ●OpenCV 1.0.0
   ●JPEG変換にIJGのライブラリ 

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

投稿者: 
itoharu

概要

  本コンポーネントはPoint Gray製IEEE1394カメラであるFlea,Flea2,
  さらにはUSB接続のWebカメラに対応し,個々のカメラから獲得された画像を出力する。
  カメラの制御およびカメラ出力用のインタフェースは,知能化プロジェクトで規定された共通I/Fに準拠している.

注意事項

  下記ライブラリを使用しています。
   ●OpenCV 1.1 / OpenCV 2.3.1
   ●Fly Capture v1.8 Release 23
   ●Web カメラドイバ 

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。
  詳しくは、ご連絡をお願い致します。

投稿者: 
itoharu
アピアランスベース物体位置・姿勢推定コンポーネント(CPU版)

概要

  本コンポーネントは予め取得した画像をモデルとして,アピアランスベースの
  任意物体の検出及び位置・姿勢の推定を行う。SIFT特徴を用いることで,
  日常環境における照明条件の変化や物体の見え方におけるスケール変化,
  回転変化に強固な物体検出を実現する。

注意事項

  下記ライブラリを使用しています。
   ●OpenCV 1.1

ライセンス

   修正BSDライセンスを適用しています。
   詳しくは、ご連絡をお願い致します。

連絡先

   国立大学法人 大阪大学 大学院基礎工学研究科
    k-oohara@arai-lab.sys.es.osaka-u.ac.jp
    〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1-3
    Tel: 06-6850-6368, Fax: 06-6850-6341

ページ

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1835
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア27
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク